起業する人必見!成功する店とつぶれる店はここが違う

一番大切なのは「商品」


「起業したい」「自分の店を持ちたい」と考えている人は多いと思います。
しかしその時点で、成功と不成功を分ける重要な点があります。
それは何でしょうか?
それは、「何を商品にしようとしているか」です。
「勤めるのが嫌だから」などの理由で、漠然とただ「起業したい」と思っている人は、きっと成功しないでしょう。
そうではなく、起業する時にはまず「何を売る商売がしたいか」を明確にする必要があります。
周囲で長く営業しているお店を、よく観察してみてください。
「おいしいラーメン」「居心地の良い雰囲気と上手なカットの美容室」「上手な整体」「いろいろな商品が安く売っているスーパー」など、どの店にも必ず「商品」があり、かつ、それはライバル店と差別化されているものです。
起業して成功したいならば、まずは「優れた商品」を生み出さなければならないのです。

集客のしかた、資金のつかいかた


しかしながら、優れた商品を生み出すだけでは、事業は成功しません。
なぜならば、それを買ってくれるお客を集めないといけないからです。
成功しているお店は皆、お客の集め方も上手です。また、お客のニーズに合った商品を提供しているものです。
目立つ看板、チラシ、ウェブサイトなどの方法で、どのように告知・宣伝して、いかにお客を集めるか。そして、お客に合わせて商品を改良し、さらなる集客をいかにしていくか。その点も、成功と不成功の分かれ道なのです。
また、事業では何をするにも、お金がかかります。そして、手持ちのお金は無限ではありません。
お客がたくさん入っているお店でも、お金がなくなってつぶれることは、よくあるものです。
いかに節約するか、いかに思い切ってつかうか。費用対効果を考えながらそのバランスをうまく取り、いかに効果的にお金をつかうかも、成功と不成功の分かれ道なのです。