始める前に知っておこう!起業には平均していくら必要?

個人事業主として起業するとき


会社などの組織に属さず一人で仕事をするのであれば、個人事業主での仕事を選択してみましょう。自営業といわれる部類に入り、手続きなどは簡単に行えます。法人ではないので特に登記などは必要なく、税務署などに開業届を出せば行えます。業種によっては、それぞれで申請や会員になる必要がありますが、飲食店などであれば必ずしも必要ではありません。自宅を使って営業の仕事をするぐらいであれば、全く0円からでも始められます。飲食店をしようとするなら、お店にかかる費用、賃料、運転資金などが必要になり、数百万円から1千万円ぐらいは必要になります。ネットビジネスなどなら、インターネットにかかる費用ぐらいなので数万円ぐらいでも始められます。

法人を設立するときは登記などが必要


対会社の仕事をするとき、個人名のみか会社名があるかは信用力が違います。元の会社などで人脈を作っていれば名前だけでも売り込めますが、新たに営業しようとするなら会社名があった方がいいでしょう。会社組織で起業をするには、法人登記をしなければいけません。必ず必要になるのが、登録免許税、定款認証料、そして会社の印鑑の作成料などです。自分で行うときと行政書士などに依頼をするときがあります。自分で行えば25万円ぐらい、依頼をすればプラス5万円から10万円ぐらいはかかります。自宅なら賃料はかかりませんが、都市部でオフィスを利用するなら保証金も含めて100万円以上は必要です。レンタルオフィスなら初期費用は少なく、数十万円程度からでも始められます。

開業とは、事業を新しく始めることです。或いは、営業していることを指す言葉です。新規で病院を始める際にも使用されます。